スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

究極のロール・プレイング・ゲーム?

話題になってたので、見てきたのですが



紹介せざるを得ない!
未見の人はまず見てくてください。

こっちが第一話。




第一話からでもいいし、いきなり第二話からでも
きっと内容はわかると思います。

続きは格納~


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

RPG。
ロール・プレイング・ゲーム。

もとは海外のTRPGから発達したこの言葉ですが
日本に住むほとんどの人はテレビゲームとしてこの言葉を知ったと思います。
ドラクエ然り、FF然り、他の多種多様なRPGしかり。

テレビの画面の中で自分の分身として
モンスターと戦って、武器を使って魔法を唱えて
成長して、アイテムを手にいれ、シナリオを進めていって・・・

そんなRPGの主人公たちに魅了された日本全国の少年少女たちは数知れず
そして、ここから本題

自分もあんな世界に行ってみたいなと想像した人もやっぱり数知れず。

僕が勇者だったらどんな感じなんだろう?
魔法って、どうやって使うんだろう?
モンスターと戦うのって怖いのかな?
攻撃されるとやっぱり痛いのかな?
見知らぬ街や、広大な草原、広がる砂漠、薄暗いダンジョン
そんな所を冒険するのってどんな気持ちなんだろう?

そんな憧憬から

経験値って具体的にはどうなってるんだろ?
MPって体感?
食事とかトイレとかどうしてるの?
一人で鎧何十着も持ってどう管理してるんだw
切ったり切られたりとか、けっこうエグいことやってるよね実際

みたいな、ちょっとリアルな疑問まで
RPGに対する憧れを含んだ思いを抱えたまま大人になった人って
いっぱいいると思うんですよね。で、
自分なりにそれを表現したくて

ある人はゲーム会社を作って自分でゲームを作った。
ある人は漫画でこうなんじゃないかって表現した。
ある人は同人活動で思いを吐き出し
ある人は架空戦記で隙間を表現しようとした。

そのなかで、自分は「RPGの世界に紛れた人たち」の物語をひとつ知っています。
冨樫義博先生のレベルEという漫画の、原色戦隊カラーレンジャー編です。
詳しくはWikiをどうぞ。 
この物語、RPGの世界と普通の小学生5人組の反応のギャップが面白くて
すごい大好きな漫画なんですが、途中急展開で終わってしまって
続きを見たいなーと思ってました。
(同じ気持ちの人もいるんじゃないかと思います。コメにレベルEネタけっこうあったしw)

そしたら、今日そんな思い、期待に応えてくれそうな
作品に会っちゃったんですよおぉぉ。

それが冒頭の架空戦記。
これはー、もう、期待するなと言う方が無理!

最新型RPG体感ゲームのテスターとして
「ロール・プレイング・ゲーム」の中に入ったアイドル達は
限りなく、イコール我々視聴者です。
彼女たちが、いわゆる「RPGとしてのシステム」を
理解しながら、初めは手探りで、やがてたくましく冒険していくんだと思います。

見る人、そしてこれは推測ですが
作者のハリアーPももしかしたら
幼き日のRPGに寄せた思いを
あの作品に込めようとしているような、そんな気がしてなりません!
勝手な想像ですけどね!!

これからこのシリーズを見るときには
在りし日の
いまでないとき
ここでない場所で
仲間とともに冒険する自分を想像してた頃を思い出しながら
拝見させていただきます。
続きを楽しみに待ってます!ハリアーP!

レッツ! 
ハルカ・ファイアー!

スポンサーサイト

2010-01-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

モノラルP

Author:モノラルP
■2009年9月でびぅ
■オウガ:伝説、TO、64クリア済み
■アイマス:借り物の箱+DS
 春香→千早→伊織→雪歩→真(イマココ)
2 やよい→貴音→千早(イマココ)
 絵理(イマココ)
Twitter:monaural_P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。